a

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

fifty first dates聞き取り一回目 

2007年4月21日 晴れ B組みさん 
fifty first dates聞き取り一回目


B組みさんにはこの映画を見た人は一人もいなかったですね。
不思議なことに「なんとなく」見たって人はいましたが。

この映画はアダムサンドラーとドリューバリモアの共演としては多分2作目。もしかしたら3作目。詳しいことは忘れました。

彼らの共演作the weddingsingerは時間があればこの映画のあとに見る予定なのでレンタルして見ないで下さい。

この映画は授業内でも言いましたが、B級の映画なので突っ込みどころ満載の映画です。全体的に難しい話しはなく日常的な会話が中心。
会話でよく使われる表現や知っておくと便利な表現を中心にリスニングしていきたいと思います。


今回は映画の最初の20分を導入としてまとめて見ました。
先が見たくなったところで止めてしまいましたので我慢して次回の授業まで待っててください。

注)「なんとなく見た人」、内容を覚えていても周りの人には言わないように!


さて、今回授業で聞き取った内容を以下に記します。

①It was the best week of my life.
誰かが「wasが聞こえない」とか言ってましたね。最初は聞こえない部分が多いですが、だんだんと慣れていくのでご心配なく。

もちろん興味のあるひとは自分で毎日少しずつでいいから英語を聞きましょう。5分でも10分でも構わないので。すると格段に耳が英語に慣れていきます。

青いテキストなんか最適です。毎日少しずつ聞けば毎回の確認テストの勉強にもなるしリスニング力アップにもなるし、良いことだらけです。

(②)He doesn't believe in phones.
これはノーカウントにしましょう。ちょっと早すぎましたね。

②I will never forget my week.
これは比較的聞き取りやすかったのでは?全て知っている単語のはずだし。

③Are you staring at me or her?
stare at~「~をじっと見つめる」は英検二級で頻出と言える表現。覚えておきましょう。
このセリフを言ったおじいちゃんは不思議な日本語を話しますね。概して映画に出てくる日本人役は中国人が多いみたいです。

④You know, why don't you try this?
why don't you~?「~してはどうですか」「~したらどう」という会話でよく使う表現。決まりきった表現なので発音されるときのスピードは相当なもの。知らないと聞き取れないので覚えちゃいましょう。

⑤Keep up the good work.
これもよく使う表現。「このまま頑張ってね」とか「頑張れよ」とかそんな感じの意味。

⑥I had a great time.
「楽しかったよ」って意味。使えそうでしょ。

⑦I will be there.
「行くよ」の意味。これは良く短縮されI'll be thereと使われることも多いです。


昔あった映画でターミネーターってのがありましたがアーノルド扮するターミネーターの有名なセリフはI'll be back「また戻るよ」ってのでした。


今回は以上の七つ。授業中に書き取った自分の英語と比べてみてスペルミスなどがないか確認してみてください。

間違いのないように万全を期していますが何かありましたら指摘をよろしくお願いします。

人気blogランキング
英語英会話
[ 2007/04/26 14:06 ] B組さん | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kikitorieigo.blog100.fc2.com/tb.php/4-ed210dc4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。